生理中の脱毛の疑問

脱毛をしたいと思っている方、脱毛に通っている方の多くは女性なのではないでしょうか?
女性の身体には、月経という生理現象がついてまわります。

生理と脱毛に関することの不安をもっているそんな女性たちのために、
女性特有の生理と脱毛についての疑問を調べてみたので、ご紹介します。

生理中でも脱毛できるの?

予約を取ってたのに「予約日前日に生理が来てしまった」
「予約日に生理がかぶってしまった」という、突然生理の予定がずれてしまった
どうしよう…という悩みは女性にはあることだと思います。

生理は体調などにも大きく左右されてしまうもの。
仕方のないことだけれど、諦めきれない…。

「その日はそのために開けてて、他の日に動かしたくない(動かせない)けど、生理がきたら脱毛することはできないの?」と、疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

実際調べてみても、V,I,O部位以外は脱毛可能というところもあれば、
生理中はお断りというところもあって、わからないですよね。

「V,I,O部位は生理中だとデリケートなところだから、出血してるからしょうがないか」
と思いますけど他の部分もだめと言われてる理由がわからない!

そこで、生理になってしまったときの脱毛に関してお話していこうと思います!

生理中の脱毛はおすすめできない。

サロンやクリニックによって、できないわけではないですが、
生理中の脱毛はリスクがあるのでおすすめできません。
大抵のサロンやクリニックでは生理中の脱毛はNGと断られてしまうことが多いです。

それはどうしてなのか?実は、生理前から直後にかけて、女性ホルモンが乱れます。
女性ホルモンが乱れると、体調や肌の調子がいつもとは違う状態になってしまいます。
ホルモンバランスの乱れや、体調や、肌の調子の変化は、

脱毛効果が得にくくなることや肌トラブルといったリスクに関係してきます。

生理中は実際どのような変化があるの?

「脱毛効果が得にくいといわれても、どんな差があるのかわからない」
「リスクっていわれても実際どんなことがあるの?」と思った方もいるかと思います。

確かにいきなりそんなこといわれても、日常生活ではあまり実感がわかないことですよね。
そんな方のために、生理中に脱毛するのはどんなことが起きる危険があるのか、
どうして脱毛の効果がでにくいのかを詳しくお教えします!

肌荒れや、肌の痛みを起こしやすくなる

生理中は、ホルモンのバランスの乱れから、肌の調子がいつもと変わってきます。

わかりやすい実例をあげると、ニキビが多くなったり、肌荒れがおきやすくなったり。
普段使っている化粧品などお肌につけるものでもいつもは大丈夫なのに、
何故かお肌にピリピリとした痛みを感じたり…など症状は人それぞれですが、

どれか一つは皆さん経験したことがあるのではないでしょうか?

その原因は、肌の抵抗力にあります。
生理中は、肌の抵抗力が低くなっているということです。
肌の抵抗力が低くなっているということは、刺激にも敏感になってきます。

 

肌に優しいと言われる光(フラッシュ)脱毛でも、肌が弱っていると強い痛みを感じたり、
炎症を起こしてしまうなどの肌トラブルを招く可能性もあります。

生理中に脱毛をした方の体験談でも、

「終わりかけだから大丈夫だと思って脱毛をしたらいつもより刺激が強く感じた。」
「痛みが強かった」
「赤みが暫くひかなかった」

なんてこともよく聞きます。

終わりかけだから大丈夫、なんてことはなく、
ホルモンバランスにより肌が敏感になっている期間中は、
施術後に炎症を起こしてしまったり、湿疹や、色素沈着乾燥肌になってしまう場合もあります

ホルモンバランスは、体調にも大きく左右されますので、
睡眠不足なども場合も注意したほうがいいでしょうね。

 

感染症の危険性

生理中にできない理由には、感染症のリスクが有るというものもあります。

V,I,O部分の場合は、脱毛するときに血液が施術中に機械や施術台に付着してしまう可能性があるので、そこから感染症や病気などが移ってしまうリスクがあるのです。

また、開いた毛穴に雑菌が入ってしまって特に炎症を起こす可能性が高くなるといわれています。
痛みを感じやすいデリケートな部位ということも気にしておきたいことですね。

病院でも、注射を行ったあとのガーゼなどは専用のボックスを設けて注意を払っている場合が多いですよね。それは感染症や病気などが移ってしまうリスクに注意を払っているということなのです。

サロンやクリニック側からすれば、シーツやベッドを施術中の経血で汚されたくない、余計なリスクを負いたくないという事情もあると思います。

そのような危険や事情があるため、脱毛サロンやクリニックは、生理中の脱毛を断って避けているのです。

 

脱毛にはベストなタイミングがある!

脱毛にベストなタイミングは、生理終了1週間後
この時期は脱毛効果が高く、肌トラブルも起きにくいといわれています!

生理前や生理中は肌荒れやニキビなどの肌トラブルだけでなく、体重増加や便秘など、
体調の変化に悩む人が多いのではないでしょうか。

女性ホルモンのバランスが変化することに伴い、これらの影響が身体にでてきてしまいます。
しかもこの時期は肌が敏感で、油分量が増えるだけでなく水分量が少なくなりがち。
水分量が少なくなるということは、乾燥するということ。
乾燥などで肌が荒れているときに脱毛をすると肌トラブルが増えてしまう原因になります

しかし生理終了一週間後は、肌の水分量が多くなります。
肌の水分量が多ければ多いほど、脱毛のレーザーや光が浸透しやすく、

脱毛効果も高くなるんです!

 

無理に肌に悪いときに予定を組んで効率の悪い脱毛をするより、
効率のいい脱毛を目指すなら狙い目は、生理終了一週間後です!!

 

基礎体温や生理周期の把握が重要

効率のいい脱毛をするためにはまず、基礎体温や生理周期を把握することが大切です。

女性の生理周期は
「月経期(生理中)」
「卵胞期(生理終わり~排卵日)」
「排卵期(排卵日~生理の一週間前)」
「黄体期(生理の一週間前~生理開始)」
の4つに分けることができ、それぞれの時期でホルモンバランスは変化しています!

その中でも脱毛に影響のあるホルモンは「エストロゲン」と、「プロゲステロン」の2つです。

エストロゲン」は卵胞ホルモンと呼ばれ、コラーゲンの生成を促し、
肌のハリを保ったり、丸みを帯びた美しさ作るために重要な役割を果たしています。

一方「プロゲステロン」は黄体ホルモンと呼ばれ、受精卵の着床を促し、
妊娠しやすい身体を作るホルモンである反面、過剰分泌されると皮脂の分泌を促したり、
むくみや便秘の原因にもなります。

生理前二週間はエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少し、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加するため、水分量が低下し油分(皮脂)が増えることで皮膚が固くなります。それによって、毛穴がつまり肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

最も肌の状態が安定しているのは、卵胞ホルモンの分泌量が上がる卵胞期なので、生理終わり~排卵日までがベストです。

生理に伴う、肌の状態の変化

月経期」乾燥して荒れやすい
卵胞期」調子がいい時期
排卵期」安定するが、中には皮脂の量が増えてしまう人もいる
黄体期」水分量が減り、皮脂が過剰分泌される

生理前二週間の黄体期は、肌が刺激に対して過敏になるため、特に敏感肌の人は肌トラブルや痛みが出やすく、生理前になると細菌やウィルスから肌を守っている「抗菌ペプチド」が減り、肌の抵抗力が弱まるので注意が必要です。

 

抵抗力が弱まった肌は、化粧品などの化学物質などから刺激を受けやすくなり、
肌が傷ついて水分が蒸発することによって、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下すると、皮膚に雑菌が侵入しやすくなり、毛のう炎になってしまったり、
皮膚の水分が蒸発することは、肌が乾燥してしまうということです。
肌の乾燥はさらなる肌トラブルにつながってしまう可能性があります。

生理が来る一週間前が黄体期、生理中が月経期です。
この期間は体が全体的に弱くなっていますから、なるべく体に優しくしてあげましょう。
マッサージなどをして体をほぐし、体を温め、冷やすことのないようにして過ごしましょうね。

体調がすぐれないときは肌の状態も悪くなる

生理前二週間は、体調が悪くなりやすいです。
内臓の働きや便秘、体重の変化などは肌荒れにつながってきます。

そのため生理前の脱毛は、クリニックやサロンではおすすめされていません。

もしかしたら毛のう炎になってしまうかも!?

毛のう炎とは、雑菌の入った毛穴の周りが赤くなって痛みを感じたり、
ニキビのようになってしまう肌トラブルです。

脱毛レーザーや、光をあてるとバリア機能も弱くなってしまうので、
脱毛すると余計に毛のう炎のリスクが高くなってしまいます。

ですから、サロンでの脱毛やセルフケアで毛穴の周りが赤くなって痛みを感じてきたら
毛のう炎の可能性があります。すぐ皮膚科を受診してください。

クリニックなら医師がすぐに対処してくれるので、そのあたりは安心できますね。

●生理周期を把握しよう!

生理周期を管理して予約を入れることで、直前の予約変更などの手間を省けます

脱毛を申し込むときは、申し込みする前の半年分くらいの月経周期がわかるものがあると予約しやすいです。

脱毛は2ヶ月から3ヶ月の間を開けて脱毛するので、
その間に月経周期が乱れてしまったりする可能性もありますが、
それでも、効果的にきれいに脱毛したいのであれば、生理が終わってからの一週間が狙い目です。

生理周期を把握するには、日々の記録が重要になってきます。

婦人体温計を使って基礎体温を測って自分の体の状態を把握したり、
生理周期を管理するスマホアプリなどを活用することで、事前に生理後一週間がいつなのかを予測することができるので、生理に被らないように予約することができます。

今は、生理周期を把握するためのアプリと言っても様々。

・ルナルナ
・ラルーン
・リズム手帳
・セレネカレンダー

など、アップルストアで検索をしてみた上位を上げてみましたが、他にも沢山の種類がありました。
無料で使用できるものも多いので、いろんなものをダウンロードして試してみて、
自分の使い方にあったもの、管理を続けられそうなものを探してみてはいかがでしょうか?

使うアプリの種類によっては、体重なんかも入力できるようになっているものもあるので、
ダイエット中の方は生理周期と同時に体重の変化も把握できたりするの便利です。

※過度なダイエットは、生理不順に繋がりますのでしないようにしてくださいね。お肌にも、身体にも悪いですよ!

生理不順なんだけどどうしたらいいかな?脱毛できないの?

生理不順で周期がバラバラ、脱毛には生理周期を把握することが重要っていっているけど、
生理周期をちゃんと把握できないと脱毛できないの?なんて方もいると思います。

生理不順はあまり効率のいい脱毛もできません。
サロンやクリニックによっては生理不順だと断られてしまう場合もあるかもしれません。

そもそも生理不順って…?


正常な生理の周期は

「25~38日で次の生理がくる」
「ずれても7日以内」
「1回の生理は3~7日続く」

というのが一般的です。
これがずれた状態が3ヶ月以上続くと、生理不順だと考えられています。

原因はホルモンバランスの乱れ?

生理不順の原因は様々ですが、特に大きな原因として考えられるのが「ホルモンバランスの乱れ」です。

月経(生理)に関係する女性ホルモンの分泌をつかさどるのは、
視床下部」「脳下垂体」「卵巣」という三つの器官です。
この三つの器官が連携してホルモンを分泌することによって月経(生理)が起こります。

その中で、「視床下部」「脳下垂体」「卵巣」のどれか一つにでも異常が起きると、
月経が止まったり、周期が乱れてしまったりなどのトラブルが発生します。

中でも、視床下部ストレス等に影響を受けやすい器官。

・日常におけるストレス
(仕事や子育て、不規則な生活など、日常的に感じる肉体的な疲労や精神的なストレス)
・過激なダイエット
(食事の量を極端に減らしたり、短期間で急激に体重を減らすなどの行為)
・過激なスポーツ
(体脂肪率を極端に落としたりする、激しいトレーニングをする行為)

などにより、肉体的ストレスや、精神的ストレスがかかると
視床下部からのホルモン分泌に支障が出て生理不順になることがあります

また、生理不順は、視床下部のトラブルだけが原因とは限らず、
卵巣嚢腫子宮内膜症などといった卵巣の病気の可能性もあります。

ホルモンバランスの乱れが原因か、病気の可能性があるのか、
自分では判断がつかないことですよね。

体のことでわからないというのは不安になると思います。

どちらが原因であっても、病院で検査をしてもらえば、
ホルモンバランスの乱れならピルなどの処方薬をいただけますし、
万が一、なにかの病気の場合でもお医者様の診断を受けて、適切な処置を受けられます。

もしものことを考えて、生理不順の方は一度婦人科を受診してみるのが一番だと思います。

脱毛もきれいの一歩ですが、それ以前に身体が一番ですから何が原因なのか、
お医者様にきちんと見てもらってください。

生理不順が改善されてからの脱毛がお肌にかかる負担も少なく、
身体にも一番いいことですから、検査をしてもらいに婦人科を受診してみてくださいね。

予約が取りやすくて予約変更しやすいところを選ぶことが一番!

生理周期を把握して大丈夫な日に予約しても、「生理の予定日がずれてしまった!」
なんてことも女性ならではの悩み。

生理は体調や、精神的ストレスなどによっても周期がずれてしまうもの。
身体のことですから、完全にその日には生理は来ない、大丈夫!なんて完璧な予測をすることは、
記録をしていても不可能です。

そんな時のためにも、予約変更しやすいサロンやクリニックを選ぶのが一番です。

最近は安いプランを出しているサロンが多く、気軽に「安いからいいか」と契約しても、
全然予約がとれなかったり、予約変更するにも数カ月先になるなんてこともよくあります。

せっかく契約したのに思ったときに予約が取れないなんてもったいないです!

どうせ脱毛に通うなら、一番脱毛効果が高いときに予約を入れて通いたい!と皆さん思いますよね。

脱毛の効果が高いときに予約をしていれば、通う期間が短くすむかもしれませんし、
同じ回数を通ったとしても、より毛量を減らすことができます。
回数も少なければその分安く済みますし、一石二鳥ですね!

そのため行きたいときに予約がとりやすく、生理予定日がずれてしまっても
予約変更がしやすいサロン・クリニックを選ぶことが重要です。

また、予約の変更にする時、サロンやクリニックによっては、
予約の変更の連絡が予約日から近いとキャンセル料を取られてしまったり、
一回分消化されてしまったりするところもあるので注意してください!

念のため、ご自身の気になっているサロンやクリニックの予約変更がどのようになっているかを
一度確認してみてはいかがでしょうか?

 

サロン別対応一覧

わき5回1000円+無制限3400円湘南美容外科
V,I,Oもタンポンを使用すれば可能
前々日の23時まではキャンセル料無料。
前日、当日キャンセルは3000円

ジェイエステ
V,I,O以外の部位は可能
3日前までは無料。
それ以降のキャンセルは1回分消化


ミュゼプラチナム
V,I,O以外の部位は可能
当日も予約時間の1分前までに連絡すれば、
キャンセル料なし(当日キャンセル可能)
 


脱毛ラボ
生理日と生理の前後三日間はできない。
前々日までは可能。前日・当日のキャンセルは1000円
(当日キャンセルはその日に支払いに行かないと1回分消化)

銀座カラー
V,I,O以外の部位は可能
前日19時までは無料。それ以降は1回分消化

 


「シースリー
生理日の施術は全身できない。
予約時間の1分前までに電話連絡無料。(当日可能)
全身脱毛1回分消化、回数無制限の場合は3000円の違約金


キレイモ
生理日の施術は全身不可
前日まではキャンセル料なし。当日は全身脱毛1回分消化

 

※この情報は変更されている場合があるため、サロンやクリニックに直接問い合わせてみるのが一番確実です。

 

全身脱毛じゃなければ、V,I,O部位以外は施術可能なところが多いみたいですね。
女性にとって生理とは必ずついてくる悩み。

その時はどういう対応になるのかという事も含めて、
サロンやクリニック、コースを選択することも効率良い脱毛をする一歩だと思います!

もし、どうしても予定が動かせない、この日じゃないと駄目という場合は、
湘南美容外科のようにタンポンをすれば可などのクリニックを選び、
きちんとそのことを相談するようにしましょう。

クリニックなら医療機関になりますので、万が一肌のトラブルなんかがあっても安心です。

ただ、出来る限り生理中はお店のためにも、身体のためにも避けたほうがいいとは思います。
折角施術してもらいにいっても脱毛効果も低くなってしまいますし。
上記の部分も含めて、一度よく考えてみてはいかがでしょうか?

生理中の自己処理も要注意

ここまでのお話で、生理中の脱毛はめんどうなことが多そうだから、
とりあえずやめておいて自分で処理して済まそうと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自己処理も、生理中のお肌には要注意です。

生理中は肌トラブルを起こしやすくなっていますので、極力カミソリでの処理はやめておきましょう。
カミソリでの処理は、刃をあてるので目に見えなくても、小さな傷がたくさんついてしまいます

極力お肌に負担をかけないように自己処理を済ますなら、
シェービングクリームやボディーソープを泡立てたものを塗ってから電気シェーバーで処理するか、
除毛クリーム抑毛ローションなどを使うのが一番いいかと思います。

だだし、除毛クリームの場合は毛を溶かす作用があるので、肌荒れには気をつけてください。

また、抑毛ローションは、文字通り抑毛なので完全に脱毛できるわけではなく、
使い続けると目立たなくなってくる程度なので、毛を処理したあとに使ってお手入れする、
保湿の役割で使うくらいがちょうどいいかもしれませんね。

お肌の保湿は念入りに!

どういった自己処理をするかも大切ですが、どのように処理したとしても
お肌に負担をかけることには変わりないので、アフターケアは念入りに行ってください。

乾燥しているお肌は、肌のバリア機能が低下してしまっている状態です。
放置してしまえばさらなる肌トラブルを起こしやすくなります。
余計な肌トラブルを引き起こさないように、アフターケアの保湿はきちんと行うようにしましょう。

生理が終わって脱毛にいこう!と思っても、肌の乾燥がひどいと肌トラブルを引き起こしやすく、
施術を断られてしまう場合もあります。

日頃から、保湿を念入りにするようにしておけば、その点も安心できますね。

 

まとめ

女性の体は複雑で、とてもデリケートなもの。
肌荒れなどのトラブルを回避するためにも、生理中の脱毛はやめておきましょう。

生理中は、自分の体を大切にしてください。
お腹を冷やしたり、肌にダメージを与えすぎたりしないように、
後々のことも考えながら、いつも以上に慎重に行動するようにしましょう。
無理は禁物です!

そして生理不順の方はこれを期に一度婦人科へ検査をしてもらいに行きましょう。
ちゃんとした処置をしてもらえば、生理不順の改善につながるかもしれません!

高い脱毛効果を得るためにも、一度自分の体と向き合い、
効率のいい脱毛デビューをしてみてはいかがでしょうか?